「まち」と「さと」が共に発展する下松を目指して。

下松市都市農村共生・対流推進協議会

来巻にんにく

来巻地区の新しい特産品「来巻にんにく」

来巻地区の特産品 来巻地区では、平成20年から下松市農業公園を中心に、にんにく栽培を始めました。
 排水良好な農地は栽培に適しており、収穫後は無農薬で新鮮な生にんにくとして市民の方に喜ばれております。
 規格外のにんにくを加工した「焼肉のたれ」、「にんにく味噌」は、下松市のお土産として利用していただいております。

  • 品種
    ()(てい)(しゅ)(一部平戸)
  • 特長
    暖地向きで、原種に近く、香りが強い品種。
    30g~50g程度の大きさになり、にんにくの芽が収穫できる。
    7片~8片からなり、裂球しやすい。
来巻にんにくの畑(下松市農業公園)

来巻にんにくの畑(下松市農業公園)

来巻にんにく

来巻にんにく

来巻にんにくの栽培方法

栽培歴

8 9 10 11 12 1 2 3 4 5
作業内容 植付準備 植付             とう(芽)の収穫 収穫温風乾燥
  • 植付準備
  • 植付
  • とう(芽)の収穫
  • 収穫
  • 温風乾燥
育てるときのポイント
  • 大きく良い種を選ぶ
  • 水だまりにならず、日がよく当たる場所を選ぶ
  • 栄養が豊富な畑を選ぶ
  • ずっと同じ畑で作らず、何年かに一度畑を変える
  • 1.種の準備・畑づくり/8月~9月上旬
  • 2.植えつけ/9月下旬
  • 3.害虫予防
  • 4.とう(芽)を摘む/4月下旬~5月上旬
  • 5.収穫/5月中旬
  • 6.乾燥/収穫後~2週間